タイミング|定期的に大規模修繕をするのは持ち主の義務

大規模修繕工事のメンテナンスをする目安とは

歳月で変わる

大規模修繕工事のメンテナンスは最初のうちは大掛かりな工事をしなくてもいいのですが、10年を過ぎたあたりから、あちこちに不調が出はじめてしまいます。しかし、それは仕方がないことなので、しっかり対処するといいでしょう。

タイミング

工事現場

築5年の場合

築5年くらいなら、破損や汚れは多くなってきますが、大規模修繕工事ほどの大掛かりな工事は必要ないとされています。工事を行なうのであれば、瓦の点検、内外部建具の付け直し、給排水官のクリーニング、クロスの張替えなどが一般的です。

10年から15年

これくらいの年数が経過してしまうと、トレイやキッチンなどの水回りが故障することが考えられます。他にも、見えにくい土台や給排水管にも腐食や破損が目立つようになるので、大規模修繕工事を開始するといいでしょう。

築20年以上になったら

20年以上過ぎたのであれば、本格的な大規模修繕工事が必要になってきます。建具や基礎、外壁などが対象になります。そして、この際間取りを変えることを検討してみると、使いやすい部屋に生まれ変わらせることが可能になるでしょう。

広告募集中